お金が足りない【本当にピンチの時、頼りになるのは!?】

ローン会社

ピンチ!お金が無い・・・

多くの人が、一度は経験したことがある金欠状態。一度も経験したことが無いという人、かなり羨ましいです。
みなさんは、お金が無いときはどうしていますか?
何か欲しいものがあるという場合は、まとまった収入があるとき(ボーナスのときなど)に買うつもりで我慢したり、貯蓄を切り崩して買うということもあるかもしれません。
しかし、急な出費、その上お値段も高額という場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

お金が足りなくなったときに、お金を借りるという選択肢があります。
借りる相手は、友達同僚親きょうだい彼氏彼女という感じでしょうか。
身近な人にお金を借りるということを繰り返す人がいますが、殆どの人があまり関心しないはずです。
それは、もし返済が遅くなったりしても言いにくかったり、お金を返しても借りた側に遠慮が無くなってまたお金を借りるという状況になりやすいからでしょう。
血のつながった親、きょうだいであってもあまり歓迎される話ではありませんよね。
だからこそ、昔の人が「お金を貸したら、あげたと思いなさい」と言ったのでしょう。
大人になれば、それがよーく分かる気がします。
特に、既婚者にお金を借りてしまうと、そちらの夫婦仲に亀裂が生まれてしまうことも。
特に男性に多い、友達のために奥さんに秘密でお金を貸す・・・問題です。

同僚にお金を借りた話

友達同士、同僚同士、お金の貸し借りをしやすいのは、女性同士ではなく男性同士のようです。
特に、男性という生き物上、誰かに困っているとこっそり話を持ちかけられたら断るのもかわいそうに思ったり、頼られることでどうにかしてちからになりたいと思うので、
お金を貸してしまいがちなのです。

 

社会人になると、多くの人が給料前に厳しいという経験をするのではないでしょうか。
若い男性社員が、上司である男性にお金を貸してほしいとお願いする。
上司も部下のお願いですし、普段頑張って働いているということもあり、断る理由もないのかもしれません。
特に、プロジェクトを達成するというような仕事をしていると、仲間意識もかなり強いのでこのような事態になりがちです。

 

上司の男性は、奥さんに秘密でお金を用立てます。
そこそこの年齢ともなれば、自分の口座を持ちそれなりのお金を所有しているということもあるでしょう。
また、大入り袋のようなものがあり、奥さんに秘密で特別支給されたものもあるかもしれません。
しかし、この行動が部下のギャンブル依存症故のこととは思っていませんでした。
やがて、部下は会社のお金に手を出して逮捕されます。
もちろん上司の男性にお金が返ってくることなく、その他にも借金のお願いをされた人は多数いたようです。
殆どの人が踏み倒されたようでした。

 

お金を借りる側から見ると、ギャンブルの借金を同僚にするという時点でもはや依存症なのかもしれません。
そして、そのお金を貸す上司の男性たちも被害者でもあり、加害者でもあるのです。
早く気が付けば、横領事件も借金を踏み倒されることもなかったと思われます。
やがては、上司の男性もこっそり貯めておいたお金が奥さんにバレ、没収されたのは言うまでもありません。
みんなが不幸になる、それが同僚にお金を借りることなのかもしれません。

友達との関係を大事にしたい

友達にお金を借りる、これもよくある話です。
学生の頃に、500円とか1,000円とか貸し借りしていたようなかわいい話ではありません。
大学生、社会人ともなれば、数万円それ以上という場合もあるでしょう。
「貸して」と言う側も、理由なんて適当に見つけて来るものです。
それが、本当の理由であれ、作り話であれ、友達に借金をしようとしているのは事実。
理由を鵜呑みにして、かわいそうだと思う方がどうかな?と思います。

 

それぞれの主観ということになりますが、大事だと思う人にはお金の貸し借りはしないこと!これに尽きるでしょう。
ずっと付き合っていきたい友達であればあるほど、超えてはいけない一線のようなものはあるのです。
それが、まさしく「お金」なのかもしれません。

 

もちろん、友達の何かのお祝で、プレゼントをしたり、ご馳走したり・・・そういうことは素敵なことです。
心からお祝いできるのは素晴らしいと思います。
しかし、お金そのものが絡むと確実に関係はよくない方向に向かいます。
ですから、大事な人にお金を貸してというのも良くないですし、借りるのも良くないです。
まさに「金の切れ目が縁の切れ目」ともなりうるからです。

 

困っているときにお金を貸すことは友情ではなく、どうして困ったのか、そのときどうすればいいのか、それを伝えるのが長い目で見ての友情です。

親に心配かけたくない

親にとって、子供が大人になろうといつまでも子供なんです。
いい年したおじさん、おばさんであろうとも、親から見ればかわいい子供であることは間違いありません。
常に多くの親は子供のことを心配しているでしょう。
子供も親に心配をかけたくないとは思っているものの、どうにもならないときにお金を借りようとすることはあるかもしれません。
子育て中には、特にお金には余裕が無くなります。子供の人数が多くなれば車も大きいものでないと、家族が乗ることもできません。
おのずと購入する車の代金も高くなります。
教育費もそうです、義務教育費はそこまで掛かりませんが、習い事や塾などもよそのお子さんがしていれば、人並みに習わせたくなるのが親というものです。
その他、夏休みにはどこかに連れて行かないと思い出ができずにかわいそう・・・お金はいくらあっても足りません。

 

そんなときに、孫にあたる子供の教育費や車の購入費用を親に借りるという場合もあるでしょう。
孫がかわいいとどうしても甘くなりがちです。
また、子供の方もいい加減大人の年齢で自分たちで望んで生んだ子供の教育費を、おじいちゃんやおばあちゃんに出して貰うのを当たり前というのも少し違うように思います。
親も、全く貯蓄はないのだろうか?というように子供たち家庭のことが心配にもなります。
これから先、年金の支給額も減るでしょう。
親世代もかなり苦しい老後になることは目に見えています。
もし、子育てでお金が足りないというようなときは、購入する車のランクを下げたり、学校の費用などについては公的な相談窓口もあるので、まずはそちらへ相談してみましょう。

最終的にお金が必要ならば消費者金融がオススメ

お金が必要となり、節約してみたりして考えてはみたものの、都合が付かないということもあるでしょう。
そのような場合は、消費者金融にお金を借りるのがお勧めです。
もし、節約をしたりして都合が付けばそれが一番であることは間違いありません。

 

どうして、私が消費者金融でお金を借りることをお勧めするのかということになりますが、
やはり、周りの人に迷惑をかけずに済むという点
知人などに借りると関係そのものに甘えが出てしまうという点に尽きると言えます。

 

消費者金融にお金を借りれば、利息が付きます。
しかし、知人に借りればあまり利息を取るという意識が働きません。
もうこの時点で甘えが出ているんです。

 

また、銀行でなく消費者金融を推す理由については、審査が銀行に比べて通りやすいという点につきます。
節約したり、見直したけれどお金が必要ということなので、もはやどこからかお金を借りなければならない状況にあるでしょう。
このようなときは、少しでもお金を借りることができる可能性の高いところからの借り入れが無難です。
また、消費者金融ですと即日融資が可能なこともありますので、急いでいるときにも対処しやすくなっています。
借り方も返し方も方法がいくつかあり、対応しやすいのでお勧めです。

 

ローン会社

参照リンク

即日融資を受けるには・・・即日融資を受ける際には利用する金融業者の種類により受付時間に注意してみて下さい。