少しでも金利を減らしたい

少しでも金利を減らしたい

少しでも金利が少ないとよいと思うのが、多くの人が共通する考えです。そのためにできることがあります。
それは、まとまった収入があれば返済すること。
ボーナスのときや、会社から特別手当など支給されたら少しでも支払いに回すとよいでしょう。
利息については日割り計算されるので、残高が少ないほど支払う金利が少なくて済みます。

 

一般的に、毎月この額以上は支払わなければならないとなっていることが多いので、それ以上であればいくらでも返してよいのが一般的です。
それは、毎月の支払い日以外でも大丈夫です。
予定より、早めに返済するとあなたの返済に対する評価も高くなります。

 

これに対して、もし返済が遅れる場合はどうしたらよいのか?ということになりますが、まずは一報入れるのが常識です。
フリーダイヤルを設置しているところであれば、そちらでもよいでしょう。
そのままにしておくことが無いようにしましょう。
もし、返済が数日遅れるようなことがあれば、それ相当の金利が掛かって来る分だけ上乗せして払えば済むのですが、
3か月以上返済が滞ると、信用情報機関に記載されてしまいますので、他の金融関係の人もあなたの支払いの状況を知ることとなります。
5年程、延滞した記録は残るようになっています。